飲み会幹事はイベント上手?

師走ですね、チームNOMです🍻
忘年会や新年会で、あれこれ予定が入っている方も多いのでは?
わたしも本日は飲み会。楽しみでルンルンしてます♪

飲み会といえば。
飲みニケーションが毛嫌いされる昨今ですが、
マーケティングには飲み会は欠かせません。
別にお酒を飲まなくてもいいのです。
人が集まるところに行くことが大切なのです。
だからマケパにつながるわけなのでする〜。
そんなわけで徒然なるままに書いてます。

飲み会は、場所、人、内容の手配が必須。
予算もお忘れなく。
幹事が得意な人は、自然とやっちゃうこれらです。

飲み会はある程度の人があつまると、自然と役割分担も決まります。
飲み会を含む全てのイベントが、かもしれませんね。
感覚値ですが6人以上かなぁと思います。
幹事、ムードメーカー、オーダー係、盛り上げ役などなど。
一つのステージで各々の担当を全うする。しかも楽しく!

「いやー、楽しかったね!」
お酒が美味しい飲み会は、自然とココがうまくいっている気がします。
幹事を経験してみると、ココの勉強になります。
重ねれば重ねるほど無意識レベルで出来るように。
とは言え適材適所なので無理にやる必要はありませんが、
一度経験してみることをオススメします。
幹事は声かけをしながら、頭の中で飲み会の参加者の配役を何となく決めます。
この人がいれば盛り上がるな、この人がいれば空気が和むな、この人たちを繋ぎ合わせたいなとか。

配役と声掛けが終わったら、次に大切なのはお店選び。
メニュー、内装、動線、そして店員さんが醸し出すお店の雰囲気。
これめっちゃ大事やー!!
この飲み会には、ここだ…。ピタッとハマるところがあればパーフェクト!
後は現場=飲み会を楽しむのみ!
美味しいものを前にして、人は心を閉ざすわけがないのでする。

そんなこんなありながら、現場=飲み会では何が起きるか分かりません。
だからリアルは楽しいのです。場数を重ねて、対応力は磨かれていくのです。

さぁさぁ、そんなこと言いましたが。
楽しむ心が一番の肴。
今日も美味しいお酒をいただきます(・∀・)♡ ウッヒャー!